1. ホーム
  2. 訪問看護
  3. 訪問看護サービスのご利用の流れ

訪問看護サービスのご利用の流れ

訪問看護を受けられるのは、病気や障がいのある方・重症な方だけではなく、高齢者で寝たきりになるおそれがある方、リハビリテーションが必要な方、 心臓病、がん治療後などで在宅療養が必要な方など、乳幼児から高齢者の方までご利用頂けます。

アイコン 介護保険で訪問看護サービスを利用出来る人

1. 65歳以上の方(介護保険第1号被保険者)

条件:要支援・要介護と認定された方

2. 40歳以上65歳未満の方(介護保険第2号被保険者)

条件:要支援・要介護と認定された方で、16特定疾病に該当している方

【16特定疾病】

  • がん末期
  • 関節リウマチ
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 後縦靭帯骨化症
  • 骨折を伴う骨粗しょう症
  • 初老期における認知症
  • パーキンソン病関連疾患
  • 脊髄小脳変性症
  • 脊柱管狭窄症
  • 早老症(ウェルナー症候群)
  • 多系統萎縮症
  • 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎臓症および糖尿病性網膜症
  • 脳血管疾患
  • 正則性動脈硬化症
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

介護保険で訪問看護を利用する場合の流れ

  1. 訪問看護ステーションやケアマネージャーに相談
  2. 居宅サービス計画に訪問看護を組み入れる
  3. かかりつけ医が指示書を交付
  4. 指示書に基づき、サービスを提供

ホープスでは居宅介護支援事業も併設しております。

ケアマネージャーが介護サービスの利用計画(ケアプラン)作成、サービス提供事業者との連絡・調整等、あらゆるサポートをいたしますのでお気軽にご相談ください。

※介護保険では通常週3日までという訪問日数の制限がなくなり、必要に応じて何回でもご利用頂けます。

アイコン 医療保険で訪問看護サービスを利用出来る人

1.40歳未満の方

2.40歳以上65歳未満の方(介護保険第2被保険者)

16特定疾病の対象者ではない方

3.40歳以上65歳未満の方(介護保険第2被保険者)

16特定疾病の対象であっても、要支援・要介護に該当しない方

4.65歳以上の方(介護保険第1号被保険者)

要支援・要介護に該当しない方(介護保険を利用しない方も含む)

5.介護保険対象であっても、厚生労働大臣が定める疾病の方

【厚生労働大臣が定める疾病等】

  • 末期の悪性腫瘍
  • 多発性硬化症
  • 重症筋無力症
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 脊髄小脳変性症
  • ハンチントン病
  • 進行性筋ジストロフィー症
  • パーキンソン病関連(進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症、パーキンソン病/ホーエン・ヤールの重症度分類がステージ3以上であって、生活機能障害度がⅡ度またはⅢ度のものに限る)
  • 多系統萎縮症(線条体黒質変性症、オリーブ橋小脳萎縮症、シャイ・ドレーガー症候群)
  • プリオン病
  • 亜急性硬化性全脳炎
  • 後天性免疫不全症候群
  • 頸髄損傷または人工呼吸器を使用している状態

医療保険で訪問看護を利用する場合の流れ

  1. 利用者が訪問看護ステーションやかかりつけ医に相談
  2. かかりつけ医が指示書を交付
  3. 指示書に基づき、サービスを提供
サービスご利用について

まずはかかりつけの医師・ホープス・ケアマネージャーまでご連絡ください。

電話番号:052-788-7708 (担当:山田)

メールアドレス:hopesinc@herb.ocn.ne.jp

(C)2009-2011 HOPE'S Co.,Ltd